「恋愛をするとキレイになる」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。
ただ、冷静に考えて、「恋愛するとどうしてキレイになるの?」と疑問が浮かびますよね。
 
恋愛している時には、魅力をアップさせてくれる様々なホルモンが多く分泌されます。
そのことが「恋愛をするとキレイになる」という言葉の根っこにあるのです。
 
そこで今回は、心理カウンセラーの資格を持つ筆者が恋愛でキレイにしてくれるホルモンについてご紹介します。
 

 

フェニルエチルアミン(PEA)」

 

フェニルエチルアミンは通称「恋愛ホルモン」と呼ばれていて、主に恋愛の初期段階に多く分泌されます。
フェニルエチルアミンが分泌されると、不安や緊張などのネガティブな感情を抑え、気分が明るくなり表情が豊かにしてくれるのです。
 
明るい雰囲気で生き生きとした表情の人は、非常に魅力的ですよね。
フェニルエチルアミンはそんな魅力的な人の気分に自分自身を盛り上げてくれる効果があります。
 
ただ、フェニルエチルアミンが分泌されると楽観的になってしまうため、判断能力が低下する恐れが
そのため、明らかなダメ男にアッサリ騙される可能性があるのでフェニルエチルアミンが主に分泌されやすい恋愛初期はご注意を。
 

エストロゲン

 

次にご紹介するのがエストロゲン。
これは胸を大きくしてくれたり、代謝を高めて健康な身体に調整してくれたりなどの効果があるといわれています。
 
いわゆる曲線のあるボディラインをキープできている女性は、このエストロゲンをより分泌させることができていると言っても良いかもしれません。
 
ちなみに、エストロゲンは若い時に多く分泌され、年を重ねるごとに分泌量が低下していきます。
ですので、年齢が上の人ほど、日常的にときめく体験を多くして、エストロゲンを多く出すよう努めると良いのではないでしょうか。
 

ドーパミン

 

ドーパミンもキレイな自分を演出してくれる重要なホルモンです。
ドーパミンは気分を高めてくれ、前向きな気分にしてくれます。
 
フェニルエチルアミンと被る部分もありますが、やはり後ろ向きな発言が多く常に暗い表情の女性と一緒にいたいと思う男性は非常に少ないです。
 
補足ですが、ドーパミンが分泌されると、気分が高まり目の前のチャンスを逃さずゲットできる行動力を持つことができます。
恋愛は少ないチャンスをものにするゲームのような側面もあるので、ドーパミンは非常に重要なホルモンと言えるでしょう。
 

オキシトシン

 

最後にオキシトシンです。これは彼氏と手をつないだり彼氏にやさしく髪をなでられたりなど、非常にリラックスした時に分泌されるホルモンです。
 
オキシトシンが分泌されると、気分がとても落着き、穏やかなコミュニケーションをとることができ、他者に非常に良い印象を与えます。
 
カリカリしている人より穏やかに笑顔を向けてくれる人はとてもキレイです。
オキシトシンもキレイな自分を作り上げる要素の一つであるため知っておきましょう。
 

まとめ

 

恋愛しているとこれらのホルモンは分泌されますが、日常的に運動したり快眠したりなどをしてもこれらは分泌することができます。
 
ですのでキレイにしてくれるホルモンを分泌させた状態で、恋愛を探すのも一つの手かもしれません。
 
(高萩陽平/ライター)
 
■恋が長続きするカップルが大切にしている「スキンシップ」
■恋愛ホルモンとは? 恋愛に強いメンタルと体を作る食材の紹介
■恋も仕事もうまくいく? ズボラ女子のためのスピリチュアル美容

恋愛】の最新記事
  • キュンとする♡大阪弁、熊本弁、津軽弁などの方言別フレーズ
  • 日本人からしたらびっくりな海外の恋愛事情
  • 男性が思う、彼女のかわいいところ。案外こんなところを見てるんです。
  • 注意!モラハラ男性の特徴と心理
  • 「何歳差」までOK?年上女性との恋愛に対する男性の本音
  • 男性が女性から来てキモいなと思うLINEメッセージ
  • 最低な元カレへの想いを断ち切って立ち直る方法
  • 一見普通なのに下心しかない地雷男の特徴