1月後半、年始のバタバタ感もようやく落ち着いてくる頃ですが、受験や引っ越し準備等、来期に向けて物事が動いていくような方も多いのではないでしょうか。

 

恋愛や仕事等を通してみてもこれからどう動けばよいか、本当に悩ましい所。
そんなあなたへ贈る1月後半の運勢。
良い未来に向かって羽ばたく為に準備してみてはいかがでしょうか。

 

 

おひつじ座(牡羊座)3月21日~4月19日生まれ

 

牡羊座さんの1月後半の運勢は「できることを一歩踏み出す」様な時期となりそうです。
今年の目標がもう既に備わっているのであれば、まずは一歩進んでみる事が大切です。
 
また、これからすてきなパートナーを見つけたい人はこの時期に行動を始めてみると、そのまま流れに乗れそうです。
 
初めてのチャレンジをするなら今。
しっかり踏みしめる事で、未来の雰囲気をつかむことができそうです。
 

おうし座(牡牛座)4月20日~5月20日生まれ

 

牡牛座さんの1月後半の運勢は「今年の自分のペースをつかむ」様な時期となりそうです。
 
自分のペースを大切にしながら物事に取り組みたい牡牛座さん。
後半は特に友人や、恋人等の周り人との関わりから、ほっと出来るような時間を見つけていく時期となりそうです。
 
タイミングよく動くことができたら、毎日に余裕ができるもの。楽しく動くことができている自分を見つけてみて。
 

ふたご座(双子座)5月21日~6月21日生まれ

 

ふたご座さんの1月後半の運勢は「切り分けを考える」様な時期となりそうです。
 
困っている人をちょうど良い距離感でフォローするのが得意なふたご座さん。
だけど少しこの時期にはそんなふたご座さんに甘える人が多くいそうです。
 
この時期のふたご座さんは”アメとムチ”の使い方を学ぶ様に、やれるのはここまで、と言う様な切り分けも大切。
そうすることで、より一層周りから信頼される存在になれます。
 

かに座(蟹座)6月22日~7月22日生まれ

 

蟹座さんの1月後半の運勢は「毎日の自分にコンセプトを設定する」様な時期となりそうです。
 
この時期に”あ、私これを大切にしていたな”と自分が何を大切にしているか気づいたり、これからこういう自分でいると心地よいなと確認したりすると、生き生きとした日々を過ごす事ができそうです。
 
コンセプトを設定するということは、アピールポイントを作ること。
これをしっかり出来るようになると、自分の中にある「自信」の正体を細やかに説明できるようになるでしょう。
 

しし座(獅子座)7月23日~8月22日生まれ

 

しし座さんの1月後半の運勢は「今の自分にこそ夢をみる」様な時期となりそうです。
 
どういうことかというと、しし座さんは時々「自分じゃない誰か」になりたい時期があるのですが、今の時期は他の誰かではなく「毎日をやり遂げた自分にこそヒントがある」と考える様になるでしょう。
 
案外身近に答えがあることに気付くことで、躍進力(やくしんりょく)が身につきます。
 

おとめ座(乙女座)8月23日~9月22日生まれ

 

乙女座さんの1月後半の運勢は「動けるときはとことん動く、それが今だとわかる」様な時期となりそうです。
 
周りの流れを分析することが得意な乙女座さんだからこそ「今意識して動く必要があるな」というタイミングも、周りと動きを合わせながら整えることができます。
その為の助けも得られる時期なので、一人で無理な時は遠慮なく周りを信頼してみて。
 

てんびん座(天秤座)9月23日~10月23日生まれ

 

天秤座さんの1月後半の運勢は「安全運転でアクセルを踏む」様な時期となりそうです。
 
今年動くに動けないご時世ということもあり、何かと急発進したがる人もいるかもしれませんが、その衝動に耐えながら”安全運転”を意識することが大切です。
 
なぜかというと、その”安全運転”こそが天秤座さんにとって一番効率がいいから。
体を壊すことなく、無理なく全力を出すってどんな感じかを意識してみて。
 

さそり座(蠍座)10月24日~11月21日生まれ

 

蠍座さんの1月後半の運勢は「動き出す整理ができる」様な時期となりそうです。
新しいチャレンジを決めている人は、用意が整えられそう。
 
「長期的に何を志すか」を慎重に見極める事ができる蠍座さんだからこそ、この時期の整理整頓もうまくできるでしょう。
 
「ここを目指すよりも、ここを大切にする方が心地よい」と言う様に、自分が心地よい在り方を優先する事も大切に。
 

いて座(射手座)11月22日~12月21日生まれ

 

射手座さんの1月後半の運勢は「慌ただしい中にこそ、重要なヒントがある」様な時期となりそうです。
 
1月後半は、嵐へどんどん飛び込んでいきたい気持ちになる人が多くいそう。
それは、今動いておいたほうが、今後の自分に生かせる情報がキャッチ出来ることを直感的に知っているからです。
 
そして、後半のいて座さんはその「慌ただしさの中で強い意志を貫くことができ、かつ引くべきところは引く」という、一線を越えた先で自分にバリアを貼ることができる器用さをもっています。
 

やぎ座(山羊座))12月22日~1月19日生まれ

 

山羊座さんの1月後半の運勢は「遠くの自分を見渡せる」様な時期となりそうです。
 
次の目標はこうしよう、と将来像を明確にしながら前へ進むことが得意な山羊座さん。
この時期はどんどん前へ進みたいという気持ちの高まりもあり、進むと決めたら道ができていたと言う様な、とても足取りが軽い時期でもあるのです。
 
だから遠くの自分を見渡し、そこに向けて動く意識で、どんどんできることはやってみるのが吉。弾むように飛んでゆけそうです。
 

みずがめ座(水瓶座)1月20日~2月18日生まれ

 

水瓶座さんの1月後半の運勢は「自分の実直さを見つけて錨(いかり)をおろす」様な時期となりそうです。
 
強かに確実に歩みを進めてきたみずがめ座さん。
他の人からみれば、怒涛の様な変化を迎えていた人も多いのではないでしょうか。
 
今の時期は自分の実直さを見つめて腰を据えてみてもいい時期。
「これでいこう!」と目標を決めた人は、一度そこに錨をおろしてみる様な意識をもつとうまくいくでしょう。
 

うお座(魚座)2月19日~3月20日生まれ

 

魚座さんの1月後半の運勢は「安心が自分の中にもあることに気付く」様な時期となりそうです。
 
周りや環境と心地よくなじむことが得意な魚座さん。
その周りがこの時期は落ち着かない状態となることが多く、不安になる人が多そうです。
 
そんな時は自分の心臓の音を聞いてみたり、心地よい音楽を聴きながら体を動かしてみることで、自分の中にも安心する居場所がある事に気づくことが大切です。
 
居場所はいつだってここにある。そんな安心感を見つけてみて。
 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?
 
1月後半は少しドタバタしますし、周りの情報に翻弄されてしまう人も多いかもしれませんが、大切なのは「今自分はどういう気持ちなのか」「どうしたいのか」ということに気づくこと。
 
そして自分の「したい」という声に気づくことによって、自然に周りのニーズにも目を向ける事が出来ますし、何を与えることができて、何を得ることが出来るのかも分かるもの。
 
そのように、共鳴しあうような関係性を大切にしたいですね。
 
(Mibo/占い師)
 
■【12星座別】2021年1月前半の運勢
■九星別!2021年1月の恋愛運
■【12星座別】2021年1月の総合運

今月の運勢】の最新記事
  • 【12星座別】2021年1月後半の運勢
  • 【12星座別】2021年1月前半の運勢
  • 【星読みコラム】2021年1月の星たちが教えてくれること
  • 九星別!2021年1月の恋愛運
  • 九星別!2021年1月の総合運
  • 【12星座別】2021年1月の恋愛運
  • 【12星座別】2021年1月の総合運
  • 【12星座別】2020年12月後半の運勢