長続きカップルとは、どのくらいの期間でしょうか?

学生時代なら1年以上、大人になってからなら3年以上といったところが、長続きカップルという、世間一般の認識かと思います。

長続きカップルと、すぐ別れるカップルの違いとは、なんなんでしょうか?

デートの回数が多いカップルは?

 

付き合い始めから、デートの回数が多いカップルは、どちらかというと長続きしません。

交際期間が浅いうちは、デートしすぎず、連絡しすぎずの方が、お互いに負担がなく、ゆっくりと関係を深められるのです。

大人になれば、恋愛以外にも、仕事、趣味、友人関係など、やるべきこと、やらなくてはいけないことも増えてきます。

 

恋愛初期の情熱に任せて、2人だけの世界に没頭しすぎてしまうと、飽きるのも早くなりますし、情熱が冷めた頃には、そのギャップが大きく、重たいと感じてしまいます。

なので、お互いに、もともと1人で生活していた時のリズムをあまり崩すことなくデートをする方が、ゆっくりと信頼関係が育めますし、会えない時間が恋のドキドキを長続きさせてくれるでしょう。

 

SNSでラブラブ投稿が多いカップルは?

 

恋人とのラブラブ投稿が多い人は、意外と直ぐに別れてしまいます。

必要以上に、SNSなどでラブラブ投稿をしてしまう心理に隠された本心は、恋人とのお付き合いに、大きな不安があるからという見方もあります。

 

確かに、ラブラブ投稿をすれば、友人たち公認カップルになれますし、浮気や誘惑の防止にもなります。

しかし、それは2人の恋人関係にある不安を、相手と向き合うことで解決するのではなく、周囲の認知度や評価で何とかしようとしているだけなので、長くは続かず別れてしまうのでしょう。

喧嘩するカップルは?

 

喧嘩が多くても上手なカップルは、意外と長続きしていたりします。

それは、上手な喧嘩が出来ているからなのです。

 

恋人間で喧嘩になってしまうのは、お互いに本音で、真剣に向き合っている証拠とも言えるでしょう。

そして、喧嘩上手なカップルは、仲直りの仕方が上手なんです。

 

単なる自己主張で終わってしまう喧嘩ではなく、最終的にお互いを許し、受け入れ、喧嘩を終えることが出来ているのでしょう。

喧嘩が多くても長続きするカップルは、喧嘩をする度に、絆が強くなっているのです。

 

価値観が違うカップルは?

 

恋人同士で価値観が似ているに越したことはありませんが、価値観が違っても長続きしているカップルもいます。

 

例えば、アウトドア派の彼と、インドア派の彼女だったりすると、デートの場所で揉めそうですね。

しかし、問題は価値観の違いではありません。

相手に無理に価値観を合わせて付き合っている関係よりも、価値観が違うところもあるけれど、お互いに認め、尊重し合える関係の方が長続きします。

 

例えば、アウトドア派の彼は、仲間内のキャンプに、インドア派の彼女を無理矢理に連れて行くのではなく、アウトドアな趣味は友人と楽しみ、彼女とはお家デートを楽しむというように割り切る。

 

インドア派の彼女は、頭ごなしにアウトドアは苦手だ、嫌だと拒否するのではなく、大好きな彼となら楽しめるかもしれないと、アウトドア派の彼の誘いにも乗ってみる。

というように、価値観が違っても長続きしているカップルは、お互いに歩み寄りの姿勢があるのです。
どんなに仲の良いカップルでも、多かれ少なかれ価値観の違いはあるものです。

 

価値観が似ている人を探すよりも、この人なら、価値観が違うところも許せるという人とカップルになる方が長続きしますよ。

 

さいごに

 

恋愛も結婚も、1人で成り立つものではありません。
だからと言って、自己犠牲の上で成り立つものでもありません。

付き合い始めは、長続きしそうにもないカップルであっても、お互いの努力と成長によっては、末長く幸せを手に入れることも、絶対に可能だと思いますよ。

(ライター/キタミカ)

 

■男が夢中になる!ずっと一緒にいたくなる彼女の特徴5つ
■「手放せない」と彼に思わせる方法
■12星座別|長続きする出会いのシチュエーション

 

両思い】の最新記事
  • 秋は二人の愛を深める季節。カップルにおすすめの秋デートプラン
  • マンネリ状態から脱却して結婚をつかみ取るには?占い体験談
  • コンビニ食材で「おしゃピク」が楽しめる! 簡単レシピ
  • もっと仲良くなりたいけど…付き合い始めの適切な距離感とは?
  • 軽減税率デートのすすめ~なんとしても8パーセントで済ましてやる~
  • 愛情表現がわかりにくい彼からリアクションを得る方法とは?
  • 浮気している男性に絶対当てはまる言動の変化6選
  • 嫌われる原因はLINEにあった? 彼氏を興ざめさせた誤解LINE