こんにちは!Ayuraです★
 
下半期後半(10月~年末まで)の運勢、恋愛運について今回はお伝えいたします。
★総合運をまだご覧になっていない方へ「12星座別 下半期後半の総合運」
 
下半期は早いもので、もう10月になりましたが、これから年末に向けてあなたの恋愛運はどうなっていくでしょうか?
 
12星座別にお伝えいたします!
 

 

おひつじ座(牡羊座)

 

下半期は、支配星である火星の影響を大きく受けていた牡羊座の人たち。
この火星の力は、あまり恋愛には活かされなかったかもしれません。
下半期の前半は、恋愛に関しては穏やかな状態だったのではないでしょうか。
 
自分と向き合ったり心に圧力を感じやすく、それどころではなかったかもしれませんね。
天秤座に星が移動しだしてきた下半期の後半(10月~)からが恋愛運好調期です。
ここから徐々に大事な人との関係が蜜になっていくでしょう。
 

おうし座(牡牛座)

 

下半期の前半は、恋愛に関してはとても穏やかな状態が続いていたのではないでしょうか?
ここから徐々に恋愛運が上昇していきます。
 
10月からは愛に関係に決定的な何かが起こりやすいとき。
今までなかったふたりだけの約束が交わされたり、逆に破棄されたりと予測不能な展開もあるかもしれません。
 

ふたご座(双子座)

 

6月以降、運命やご縁というものと関係が深くなっていた双子座の人たち。
とはいえ目立った出会いや発展はなかったかもしれません。
 
ここから下半期後半は徐々に恋愛運が上がっていきます。
来年の新年ごろまで続くので期待していてくださいね。
年末のピーク時まではしばらくお仕事や日常生活、体のメンテナンスをする場で出会いや喜びがありそうです。
 

かに座(蟹座)

 

今年一年はずっと人との関係について、じっと考えたり見つめたりすることが多かった蟹座のひとたち。恋愛に関しても動きが多かった人も多いでしょう。
 
下半期は、山羊座の星たちが逆行したこともあって、恋愛関係には停滞を感じやすくなっていました。下半期後半は徐々にこのストレスから開放されそうです。
年末に心から望んでいた嬉しい結果にたどりつける人もいるでしょう。
 

しし座(獅子座)

 

獅子座の人は今年に入ってから、恋愛に関してはおちついた運気にあります。
ですがここから下半期後半は、一気に盛り上がりが増していくので覚悟していてくださいね。
 
全ての人間関係にいえることなのですが、恋愛で発展していくご縁の人も、仕事での繋がりがとても強いでしょう。
年末に一気にブレイクするまでは、本当に仕事や日常生活の中の景色のような中に、愛の可能性が潜んでいるようです。
 
あとから振り返って、あの時にああだったから……と思うこともあるでしょう。
 

おとめ座(乙女座)

 

乙女座の人は、今年一年を通して愛に大きな動きがあります。
下半期前半も惑星の逆行で様々な停滞や退屈、ストレスという影響があったことでしょう。
 
ですが下半期後半は一気にスパートを駆けていくような雰囲気です。
年末に木星と土星は水瓶座に移る頃、愛や喜びの世界で決定的な出来事が起こるかもしれません。
 

てんびん座(天秤座)

 

天秤座の人は下半期に入ったと同時に、牡羊座の支配星である火星が、あなたの太陽に直接刺激をはじめた為、下半期は少々波のある恋愛運だったかもしれません。
恋愛に勢いがついた人もいれば、喧嘩が増えた人もいるでしょう。
 
下半期後半は、火星の逆行が終わり、衝動と魅惑の星であるリリスも星座を移動します。
あなたの恋愛に刺激の代わりに安定がもたらされるでしょう。
 

さそり座(蠍座)

 

蠍座の人の下半期は、魚座の海王星に影響を受けています。
下半期の前半にこの海王星が逆行を開始したことによって、あなたの恋愛や喜びに関する世界観は、一気にモヤがかかったように捉えどころのない幻になってしまいました。
楽しいのに実感がわかないという人も居たかもしれません。
 
ですがこれから蠍座に星が集まりだす11月、この海王星が順行に戻ります。
徐々に夢のような喜びや愛の世界、共感の感覚を取り戻すことができるでしょう。
 

いて座(射手座)

 

射手座の人の恋愛運は、下半期に入ると同時に居場所である牡羊座にもどった火星によって大きく左右されていました。
さらに下半期は9月に火星が逆行してしまったので、恋愛に対してモヤモヤやイライラが付きまとっていたかもしれません。
 
火星は11月に逆行を終了します。
そして11月30日には愛の関係にエネルギーを与えてくれる双子座の満月があります。
射手座の人の恋愛運は、11月から一気にアップしていくでしょう。
 

やぎ座(山羊座)

 

山羊座の人の恋愛運は、下半期の前半がとても好調な時期でした。
9月までその勢いは保たれたままでしたが、これから10月からは落ち着きの時間になります。
 
今後愛の星である金星は、獅子座から乙女座、天秤座、蠍座、射手座へ移って今年は終わります。
前半の愛の時間に培った価値観や人との距離感、人間力を今後は様々な場面で活かしていく時間になるでしょう。
愛の努力は11月ごろに実を結ぶでしょう。
 

みずがめ座(水瓶座)

 

水瓶座の人の恋愛運は、下半期のスタートが好調な時期でした。
そしてそこから現在まで浮き沈みはあれども、良い状態を保っています。
愛の星金星は10月の上旬まであなたの恋愛をサポートしてくれています。
 
ここからはより深く蜜な関係、そして互いに差し出すものと受け取るもののある関係を支えてくれるでしょう。
 
そして年末には木星や土星があなたの星座で重なります。
このことから恋愛に限らずあなたは人生のステージを一段階アップさせるはずです。
愛の関係も、それによって形を変えてレベルアップするかもしれません。
 

うお座(魚座)

 

魚座の人は下半期、恋愛運がとても好調な状態にあります。
下半期に入ったと同時に一気に花開いたその状態は、今も続いています。
この状態は10月の後半に徐々におさまっていくでしょう。
11月からは今までの明るく活発な雰囲気の愛が、だんだんと深みと密度のある形へと変化していきます。
 
そして年末はこの愛の時間で学んだ様々なことを、自分のために活かすようになるでしょう。
自分と向き合ったり、自分の心を癒やしたりという時間に入ります。
その時、今の時間に受け取っている愛や、誰かに注いでいる愛が、あなたの心を包み込むようにあなたの力になってくれるでしょう。
 
Ayura
 
■【12星座別】2020年下半期後半の総合運
■【12星座別】2020年下半期 運命の人との出会い運
■【数秘術で占う】2020年下半期の恋愛運

2020年】の最新記事
  • 【12星座別】2020年下半期後半の仕事運
  • 【12星座別】チャンスを見逃さない!2020年下半期に結婚する方法
  • 【12星座別】起死回生!秋以降運気が上がっていく星座ランキング
  • 【12星座別】2020年下半期後半の恋愛運
  • 【12星座別】2020年下半期後半の総合運
  • 九星別!2020年クリぼっち回避法
  • 【数秘術で占う】2020年下半期の恋愛運
  • 【12星座別】2020年下半期 各星座のマネー運