蠍座の季節から射手座の季節へと移りゆくこのタイミング、自己の深い部分で躍動させていた力を外に向かって発揮しやすくなっていきます。

 

未来へ向けて、新しい扉を開いていこうと自然と顔をあげて意識が前向きになっていく方も多いかもしれません。

 

大切なのは、自分自身と他者や社会との繋がりの本質的な部分に触れていくこと。

 

そして、その繋がりを足場にして、新しい世界を覗きに出かけるような空気感です。

 

少し解放感も出てくるので足を伸ばして、今まで行ったことのない場所にも興味を持っていきましょう。

 

 

パワフルな満月に向かう時間を意識する

 

2021年11月は中旬に月食を伴う満月を迎えます。
 
満月というのは達成、完了のタイミングと言われていますが、それをさらにパワフルにしたのが月食。
 
満月に向かう空気の中で、今年の5月ごろ牡牛座の新月でスタートさせたことなどがあれば、振り返ってみてください。
 
自分が思っていた以上の結果が出ていることもありそうです。
 
そして、達成や完了を確認できたらおいしいものを食べて自分を労ってあげてくださいね。
 
さて、そんな満月に向かう11月は生まれ変わりの空気感からスタートしていきます。
 
自分の中の譲れないこだわりみたいなものを通して、今までとは一味違う自分へと変わっていくことができそう。
 
価値観がガラリと変わって、仕事やプライベートに向き合うスタンスが変わっていきます。
 
このとき注意するポイントとして、自分のこだわりとか好きなものに執着しすぎないということ。とはいえ、手放しをする必要はありませんよ。
 
自分がどうしても譲れないと思うものはそのまま持っていて大丈夫。ただし、譲れないポイントはできるだけピンポイントに絞り込んでおきましょう。
 
美味しいものを食べるのが好きな人が食事を減らす必要はないけれど、中でも大好きなスイーツはそのままにして、それ以外のものは減らしていくとか、そういう絞り込みは必要になります。
 
時代の流れが速くなっているので、持ち物はできるだけコンパクトにしておいた方が、未来へと持っていきやすいのです。
 

変化するものは「関係性」

 

このひと月は自分と誰かの関係性が深く強いものへと変容していきそうです。
 
社会との関わりを持っていこうとするとき、私たちは「自分」という器を通して繋がっていきます。
 
人や物のつながりはパズルのようなピースの組み合わせです。
 
ぴたりとハマる形に出会えるとスムーズにつながって、少しでも形が合わなければどこか窮屈になる。
 
ピタリとハマっていこうと思うなら、まずは自分がどんなピースの形なのかを知ることが大切。
 
自分自身のことを深く知る体験とそこからつながっていく人と物の関係性を味わっていくことになりそうです。
 

自分が変わることで仕事にも影響が出やすい

 

月の後半には仕事にも動きが出てきそう。
 
生まれ変わりや変容を体験してきた私たちは、これまでと同じ仕事をしても捉え方や行動の仕方が変わります。
 
それによって、今までとは違う切り口から、仕事への興味が湧いてきて、改めて勉強を始める人もいるでしょうし、幅を広げるような仕事をスタートさせる人も出てくるかもしれません。
 
自分がいて、周りの人たちがいるという当たり前の環境の中でもっと関係性を深めるにはどうしたらいいだろうかと模索していくようです。
 
2021年11月は、ぜひ自分の譲れない思いに目を向けて、それをたっぷりと満たしてあげてください。
 
好きな場所に行く、好きな人に会う、好きなことをする。そうやってあなた自身が満たされる感覚が周りの人との関係性をより良いものにしてくれそうです。
 
(tomoco/ライター)
 
■九星気学で占う!11月の総合運
■12星座別!11月の総合運
■12星座別|11月のタロットからの魔法のメッセージ

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

今月の運勢】の最新記事
  • 九星気学で占う!12月の恋愛運
  • 九星気学で占う!12月の総合運
  • 【星読みコラム】2021年12月の星たちが教えてくれること
  • 【12星座別】12月の恋愛運アップDAY
  • 12星座別|12月の恋愛運「年末に向けて大きな変化や衝撃が」
  • 【星読みコラム】2021年11月の星たちが教えてくれること
  • 12星座別|11月の恋愛運ランキング
  • 12星座別|11月のタロットからの魔法のメッセージ