15日の射手座新月(日食)から怒涛の星まわりで、かなりインパクトがある一週間です。
17日に土星がみずがめ座に移動し、19日に木星もみずがめ座に移ることで世の中を包む空気が変わり始めます。
それは次週の22日「グレートコンジャンクション」につながるのですが、この一連の星の動きは時代の移り変わりを報せます。地の時代から風の時代へ。大きな運気のうねりが私たちの仕事や恋愛にも影響をもたらすでしょう。

 

そんな12/13~12/19の運勢を12星座別に詳しく見ていきます。

 

 

おひつじ座(牡羊座)3月21日~4月19日生まれ

 

牡羊座
 

15日の新月はワンランク上を目指しましょう。いますぐ何か達成するまでいかなくても、目標だけは高く設定するとか、理想の自分像を固めると良さそうです。
また、ちょっと長いスパンで学びたいことがあれば具体的に調べてみるといいかもしれません。専門知識や資格・免許の取得を検討するには良いタイミングです。
 
そして、今週からは友人や同僚との付き合いに目を向けて。
すでに兆候があらわれている人もいるでしょうが、身近に付き合う人が段々と変わり始めます。
腐れ縁はスッパリ切るつもりで、苦手な人とは無理に接する必要はないと考えるとだいぶラクになるはずです。
 
恋愛運は棚ボタラッキーを待っても時間が過ぎるだけかも。クリスマスデートは自分から誘うといいですし、フリーの人は友情の延長上で恋のきっかけが生まれる可能性が。
直接関わり合いのある友人や仕事仲間だけでなく、SNSで絡むフォロワー、遠くから見つめていただけの憧れの存在にも注目してみましょう。
顔見知りに片思いをする人は関係をガラッと変えるチャンスです。
 
仕事運は今週でひと区切りつくものもあり、組織変更やチーム替えといったものがあるかもしれません。2021年を見据えた相談を上司や取引先からされる場面もありそうです。
目先のことだけに振り回されず、時間的にも精神的にもつねに余裕を持つようにしましょう。
 

おうし座(牡牛座)4月20日~5月20日生まれ

 

牡牛座
 

新月が起こる15日前後は、「どうしてもコレが知りたかった」「ハッキリさせたいと思っていた」ということに答えが見つかりそうです。
それも、誰かの何気ない言葉にハッとさせられる可能性が。普段はあまり話さない人や、SNSで流れてくる投稿にもマメに意識を向けるといいでしょう。
 
週末にかけては今まで以上に仕事の重要度を上げて。
必然的にそうしなければいけない状況になったり、やりたいことがある人は具体的なアクションを起こしたりするのかもしれません。
クリスマスは間近に迫っていますが浮かれてばかりもいられないようです。
 
恋愛運は動きが乏しい週になります。
自分から行動を起こさないと何もないまま一週間が過ぎてしまうので、好きな人がいるなら自分できっかけ作りをしましょう。
恋人がいる人は仕事が忙しくなるほどフォローをマメに。他愛ないこともLINEして、お互いに繋がっている感覚を持つと良さそうです。
 
フリーの人は、意外なところで「お似合いの人がいるから」と異性を紹介されるかもしれません。気を抜いてチャンスを取り逃がさないように、手のカサカサを含むスキンケアや体形維持を心がけましょう。
 

ふたご座(双子座)5月21日~6月21日生まれ

 

双子座
 

15日の新月が起こるころは、公私ともに大切な人との対話を大切に。「こんなこと話すと嫌われるかも」と敬遠していた内容もズバリ斬り込んでみましょう。恋人と込み入った話し合いをするならチャンスです。
とはいえ、ことさらシリアスになる必要はなく淡々といつも通りに。必要に応じて、共通の友人知人を交えながら話すと良さそうです。
 
恋愛は、15日まではフランクにノリ良く。ロマンチックに迫っても白けてしまうかもしれません。
一方、水曜をすぎると甘さを加えたアプローチが効いてきます。クリスマスデートの約束を取り付けるには、ちょっとひねった誘い方をするといいかもしれません。
 
フリーの人は、マッチングアプリのプロフ写真を撮り直すといいでしょう。加工しすぎはNGですが、服やメイクはちょっぴり気取った方が好印象を持たれやすくなります。
婚活をしている人は、今までとは違う視点で相手選びをすると良さそうです。
 
仕事運は誰と組むかがカギになってくるはず。「なんだか合わないな」と感じる人には感情的にならず、自分にはないものを持つタイプとして接するとうまくいくでしょう。単に好き・嫌いで判断しないように。

かに座(蟹座)6月22日~7月22日生まれ

 

蟹座
 

新月が起こる15日前後は、今まで以上に心身の健康を意識しましょう。
コロナ感染はもちろん、今はただの風邪を引いても容易に病院には行けない状況です。体調を崩さないのはもちろん、年内にやりたいことをやり切るためにも体の変調には敏感になってください。
 
また、クリスマスを目前に控えて美容やダイエットに集中するのもいいでしょう。すでにデートの約束を取り付けている人はエステ・美容院で最高の自分を整えて。
 
恋愛運は19日まで追い風が好きます。仕事や用事が立て込んでいても、好きな人に伝えたいことは言った方がいいですし、フリーの人はマッチングアプリをマメにチェックすると良さそうです。
 
交際中で結婚を視野に入れている人は、お相手の意志を確認しておきたいところ。前からずっと話していたのにハッキリした返事がもらえない場合は、厳しめな判断が必要かもしれません。
 
仕事運はアレもコレも大忙し……になりそうです。細々とした雑務は今週中に終わらせるように目途(めど)を立てて。
意見が噛み合わない人は安易に否定しないように。よく話を聞くと視点が広がったり、「そういうアイデアも有り」と納得したりするはずです。
 

しし座(獅子座)7月23日~8月22日生まれ

 

獅子座
 

15日の新月を過ぎると恋に新しい展開が見え始めます。
 
今まで話さなかったことを話してもっと親密になるとか、恋愛対象外と思っていた人に目を向けて恋人候補をみつけるなど方向転換がきっかけに。
 
年内は恋愛運が好調のまま続くので勢いに乗って突っ走るイメージで。高嶺の花も今なら落とせるかもしれません。
 
また19日をすぎると、公私ともに大切な人を見直す時期が始まります。
仕事で組む相手や恋人と今後も良い関係を築くために何が必要でしょうか……?
あるいは、そもそもどんな人と組めば仕事がいまくいき、どういうタイプと付き合えば幸せになれるのか。そんなことを考えはじめると良さそうです。
 
これは2021年にかけてじっくり吟味したいテーマになるので、慌てて答えを出す必要はありません。「なんか違うかも」「誰かそばにいてほしい」と思うならじっくり考えてみましょう。
 
仕事運は週末にかけて堅苦しさが抜けていき、今まで以上に動きやすくなるはず。
厳しい上司やプレッシャーのかかる取引先は気が重くなるでしょうが、実はそうした相手とのやり取りにチャンスが眠っているのかも。
丁寧に話を進めれば、むしろ大きな成果が手に入りそうです。
 

おとめ座(乙女座)8月23日~9月22日生まれ

 

乙女座
 

新月が起こる15日以降、家のことや自分の居場所を見直してみましょう。
ふたたび自粛ムードが高まって家族と過ごす時間が増えている人は、深く語り合うと良さそうです。良かれと思って遠慮しても気まずいムードが漂うだけ。腹を割って話すことでお互いにメリットがあるはずです。
 
一人暮らしをしている人は孤独や孤立に悩まされないように工夫を。部屋の模様替えや、気軽にオンラインで繋がれる友人を作っておくと良さそうです。
居心地の良い部屋と仲間ができれば、心に余裕ができて恋愛や仕事にも良い影響があるでしょう。
 
恋愛は今週が“集大成”となるかもしれません。アプローチや告白はひたすら待つより自分からした方がうまくいくはず。
また、クリスマスデートの予定が入っていてもいなくても、セルフメンテナンスを丁寧に。長めにお風呂タイムを取ってスキンケアやヘアケアに集中しましょう。
来年も見越して中長期的な美容計画を立てるのも良さそうです。時間とお金がかかることは場当たり的に決めずにじっくり考えて。
 
仕事運は16日以降にきっちり管理したいことが出てくるかも。
もしかすると、春から初夏にかけて一度は取り組んだ案件にふたたび挑戦するのかもしれません。あるいは、コロナ禍によっていったんはとん挫した企画を練り直す可能性も。
いずれにしても、2021年に向けて少しずつ気合を入れることになりそうです。
 

てんびん座(天秤座)9月23日~10月23日生まれ

 

天秤座
 

新月のある15日あたりは、新しいコミュニケーションを模索するといいでしょう。
長く親しくしている人ほど普段は話さないことに一歩踏み込んで。恋人や配偶者とは、良かれと思ってスルーしてきた不満・不安を冷静に伝えるといいかも。
 
これは文句を言い合うことが目的ではなく、自分が我慢しないで相手も尊重するための対話と考えてください。
感情はいったん脇に置き、「より良い関係を築くために」を目指すといいでしょう。大切な人との信頼が深まるはずです。
 
また、恋愛運は週末に向けて底上げされていきます。この年末から2021年にかけては愛がテーマになるので、目先のラッキーを追う必要はありません。
自分が心の底から求める恋を追求していきましょう。クリスマスを控えて焦りを感じている人は冷静に自分の幸せを見つめ直して。本当の愛を手に入れるなら、密なデートがしづらい今年のクリスマスをスルーしても痛くはないはずです。
 
すでにデートの予定が入っている人は、キザなセリフが気分を上げるスパイスになりそう。LINEの何気ないやり取りでもロマンチックムードを意識するといいかもしれません。
 
仕事運はやるべきことをしっかりと。年末を踏まえて納期や契約を前倒さなければいけないのに確認が取れていない案件はないでしょうか?
師走はイレギュラーが多くなるので後から慌てないように。
 

さそり座(蠍座)10月24日~11月21日生まれ

 

蠍座
 

新月が起こる15日前後はお金に関する情報を積極的に仕入れて。
本来あったはずのボーナスがなくなってしまった人は節約を意識して、既婚の人は年明けまで想定して家計を管理するといいでしょう。
お店が配るクーポンやスマホから取得できる割引チケットを上手に使いつつ、恋人へのクリスマスプレゼントや子どものお年玉など出すべきところは出し惜しみしないように。
 
また、登録したはいいけれど活用できていないサブスクリプションサービスや、必然ではない定期購入品は見直しが必要かもしれません。たとえば動画配信アプリ、雑誌、ウォーターサーバなど。家計をスリム化させると本当に欲しいものが手に入るはずです。
 
恋愛は早めのアクションが功を奏するでしょう。15日までにアプローチや告白ができれば、クリスマスへの大切な足がかりになります。片思い中の人やフリーの人はあまりのんびりしない方が良さそうです。
 
週末にかけては、家や自分のことに意識が向いてラブムードは落ち着いてしまうかも。デートをするなら近場のドライブや、おうちでまったりするのがちょうど良いでしょう。
 
仕事運は現実思考で貪欲に。やらなければいけないことがたくさんあるなら、朝イチでToDoリストを作って効率良く片付けていきましょう。

いて座(射手座)11月22日~12月21日生まれ

 

射手座
 

15日の新月はいて座で起こります。しかも日食なので意識をガラッと変えるには良いタイミング。
「今までこういう考えをしてきたけれど、もうやめた」「この方法はやめて、こっちのやり方にする」といった方向転換は大胆に。周りの目を気にする必要はありません。イメチェンやSNSでの発信を始めるのもいいでしょう。
 
また、そうしたアクションは恋愛に良い影響を与えるはず。浮いた話がほとんどなかった人が意外な人物から見初められたり、空回りしていた片思いが進展し始めたりするかもしれません。
ちょっと突飛なアイデアも、思い切って行動に移せばテンションが高まる展開につながりそうです。
 
新月が起こる15日は恋のターニングポイントでもあります。
動かなくちゃ始まらないと考えて。いつもは選択肢に入らないタイプやシチュエーションに目を向けるのもラッキーアクションの一つです。
 
仕事については、やるべき業務をキチンとこなしつつも、「今の自分に必要な知識とスキルは何だろう?」と考えてみましょう。
コロナ禍を経て、足りない部分や加えておいた方がいいものが見えてきているはず。将来のための自己投資を検討し始めると良さそうです。
 

やぎ座(山羊座))12月22日~1月19日生まれ

 

山羊座
 

新月が起こる15日前後は、ずっとモヤモヤしていたことがスッキリしてきそうです。
凝り固まった価値観をほぐして見方を変えることで視界が急にひらけてくるのかもしれません。あるいは、“軸足”を変えることで悩みが消える可能性も。
 
いずれにしても、当たり前と思っていたことは少しずつ当たり前ではなくなっていくでしょう。意識の切り替えには時間がかかりますが、この週から視点や思考は段々と変わっていくはずです。
 
恋愛は今週を境に気がラクになりそう。好きな人と話しやすくなり、フリーの人は恋活や婚活に対するこだわりが消えるかもしれません。「こうしなくちゃいけない」というマイルールが良い意味で崩れるので、親しみやすさや素直さが出てくる人もいるでしょう。
 
また、恋に前向きな動きが出てきても、それをプラスに捉えられない可能性があります。一見すると不運に感じる展開が実は成就につながる伏線の可能性も。
出来事に対して一喜一憂するのではなく、「で、ここからどうなる?」と冷静に身構えると良さそうです。
 
仕事については、売上や収入にシビアな感覚を持って。
本来あったはずのボーナスがなくなっている人は、どうすれば結果を出せるのか、これからも今の収入を維持できるのかを考える必要があります。
収入を増やすために副業を検討してみるのもいいでしょう。
 

みずがめ座(水瓶座)1月20日~2月18日生まれ

 

水瓶座
 

15日の新月は人間関係の入れ替えを促しそうです。
もちろん、この日を境に付き合う人が全員変わるわけではないのですが、しっくりくる仲間は段々と変化するでしょう。
 
職場でのチーム替えや飲み会の減少などが影響するのかもしれません。あるいはコロナ禍で直接会う機会が減ったことで、苦手な人と堂々と距離を置けるようになる可能性も。
いずれにせよ、自分の周りには心地良くコミュニケーションできる人が揃うはずです。
 
また、今週はみずがめ座にとって大きな節目になります。
これからの自分がどう生きるのかを真剣に考える時期に入るので、明確な目標があった方がいいですし、目指すものがある人は具体的なアクションを起こしていくことになるでしょう。
この年末から2021年にかけては「私が主役」と思って、何に対してものびのびと自分らしさを大切に。
 
恋愛は友人や同僚との関係を恋に発展させるには良いタイミングです。共通の話題、相談を持ち掛けることをきっかけに距離を縮められるはず。
フリーの人は、友情の延長上で愛が芽生える人があらわれるかもしれません。クリスマスにこだわらず大らかに構えておくと良さそうです。
 
仕事は目前の業務をどうするかはさておき、将来まで見据えて自分が何を成し遂げるのかを考えましょう。
今週中に急いで答えを出す必要はないので、年明けも継続してテーマに掲げると意識や行動が変わり始めます。受け身にならず主体的に動くことを心がけて。
 

うお座(魚座)2月19日~3月20日生まれ

 

魚座
 

新月が起こる15日前後は仕事のターニングポイント。年末まで追い込み2020年を締める意味合いもあれば、来年を見据えた目標ができるのかもしれません。
また、そういった展開はノルマや収入と密接につながるので、詰めるべきところはキチンと詰めて。「上司がなんとかしてくれるはず」「どうにかなるだろう」と、運を天に任せるようなことはしない方がいいでしょう。
 
恋愛は仕事が忙しくなるほど後回しになってしまいそう。
ただ、仕事仲間に片思いしているなら間接的にアピールできる勝負どころです。頑張るほど「すごい」と注目してもらえるはず。
 
フリーの人は、自分から動き出さないとチャンスをつかめないので、マッチングアプリを複数並行して使うといいでしょう。ダウンロードの決め手は運営会社が大手でクリーンかどうか。アプリの比較記事を参考にするのもいいかもしれません。
 
交際中の人は、コロナの影響で恋人と会う機会が減ってもあまり杞憂しないように。根拠もなく浮気や心変わりを疑うのはやめましょう。
仕事が忙しい人は恋人にマメにLINEして、お互いにつながっている感覚を大切にしてください。
 
(沙木貴咲/占い師)
(itabamoe/イラストレーター)
 
■九星別!2020年12月の総合運
■【12星座別】グレートコンジャンクション前、後の変化
■【12星座別】12月のグレートコンジャクションに向けて!これからの過ごし方や、意識しておきたい事

  • 【12星座別 4/11~4/17の運勢】牡羊座新月で開く新しい扉
  • 【12星座別 4/4~4/10の運勢】金星パワーで好循環を作る
  • 12星座別!4月の恋愛運
  • 【12星座別 3/28~4/3の運勢】天秤座満月がもたらすミラクル
  • 【12星座別 3/21~3/27の運勢】強運ポイントがハッキリする
  • 【12星座別 3/14~3/20の運勢】春分で新しい一年が幕を開ける
  • 【12星座別 3/7~3/13の運勢】魚座新月の優しいメッセージ
  • 【12星座別 2/28~3/6の運勢】3月にエンジンがかかるポイント