昨年あたりから「グレートコンジャンクション」、「新時代の幕開け」という言葉がよく耳目に触れていたと思います。
 
木星と土星がホロスコープ上で重なり合う2020年、12月22日みずがめ座1度で起こります!
 
個人レベルでも世界レベルでも、大きな変化が起こるとされていますが、具体的に何が起こり変わるのか、気になっちゃいますよね。
そこで今回は、12星座別にグレートコンジャンクションの前と後の変化を予想してみたいと思います!
 

 

おひつじ座(牡羊座)

 

前:「周りに認められたい!」という競争心や野心をモチベーションに突っ走ってきたおひつじ座さん。ここ数年は難題に直面させられることも多く、ちょっとお疲れ気味です。
 
後:プレッシャーからは徐々に解放され、軽やかな気分に。また、これまでの頑張りが大きな実りとなって表れますよ。
あなたの夢や理想を理解してくれる仲間が集ってきて、対等な協力関係が広がっていきます。
 

おうし座(牡牛座)

 

前:自分自身の内面世界や周りの状況など、あらゆる面で変化の波に飲み込まれていたここ数年……穏やかに過ごしていきたいおうし座さんにとっては、葛藤や苦境に悩まされたことも多かったでしょう。
 
後:状況が変化し、「今まで頑張ってきたことは間違いじゃなかった」と安心できそうですね。と同時に、新たな目標に向けてやる気がみなぎってきます。
これまでの頑張りが認められ、重要な役割を任されることもありそうです。
 

ふたご座(双子座)

 

前:仕事や趣味などは順調に楽しめたものの、 身近な人間関係を通じて、自らの心のありようを問われたり、人とどうつながっていくかを考えさせられたりした近年。ジレンマや自己嫌悪におちいったことも少なくなかったのでは。
 
後:今までとはまったく違った方面に興味がわき、俄然やる気モードに。仕事で独立開業を目指したり引っ越しをしたりと、身を置く場も大きく変わっていきそうです。
 

かに座(蟹座)

 

前:これまでを振り返ってみると「とにかく周りの人に振り回されてヘトヘト」というのが感想かもしれませんね。とはいえ、悪いことばかりではなかったのでは? 誰かの言葉に心がふわりと軽くなったり、視点が変わったり、と内面的な変化があったはず。
 
後:人間関係が広がる中で、より身近な人との結びつきが強くなりそうです。誰と深く付き合うか、じっくりと見定めていくことになるでしょう。
相続や、伝統の引き継ぎ手としての役割を担うことになる可能性もありますよ。
 

しし座(獅子座)

 

前:忙しくも充実して過ごせていたものの、ルーチンワークが多くなんとなく地味だし、退屈だったのでは。
自己主張の力加減に悩まされたこともあったかもしれませんね。
 
後:これまで積み重ねてきた地道な努力と持ち前のリーダーシップが買われ、あちこちから必要とされるでしょう。変革の先頭に立ち、采配を振るうことになりそうですよ。
同じ目標を持ちあなたの夢を理解してくれる人々と共に、強力に物事を推進していけます。
 

おとめ座(乙女座)

 

前:世の中の変容についていくのが精一杯。考え方を変えなければならないことも多く、なんだか自分自身を否定されたような気分になったりもしたでしょう。とはいえ、あなたの中ではこの変化を分析し、将来に役立てる準備はバッチリです。
 
後:これまでの経験や実力を生かして、社会に貢献していくチャンスが与えられます。あなた自身が好きなことと、周囲に求められるもののバランスをうまく取って成功を手にしていくでしょう。
転職や独立など、働き方が変わる可能性も。
 

てんびん座(天秤座)

 

前:周りから認められることや楽しいこともあったけれど、いつも心のどこかに「自分らしくない」という不満がくすぶっていた近年でしたが、そんな中でも世の中の流れに合わせて自分を変容させてきたてんびん座さん。
人知れず苦労もしたけれど、得られた学びも多かったのではと思います。
 
後:ある日、ふとプレッシャーから解放されたことに気づき、そこからは快進撃が始まります。
てんびん座さん特有のセンスやクリエイティビティが爆発し、注目を集めるでしょう。好きなことが収入につながったり、それを応援してくれる人々が表れたりと、行動的になればなるほど背中を押されることも増えていくでしょう。
 

さそり座(蠍座)

 

前:職場や家庭など、普段から身を置いている環境に大きな変化があったさそり座さんは多いのではないでしょうか。また、SNSなども含めてコミュニケーションの難しさと楽しさを体験したときでもあったと思います。
 
後:環境の大きな変化は集大成を迎えます。仕事や家庭と、どう関係を築いていくかを見直すことをせまられるかもしれません。
ホームグラウンドが変わるようなイメージですが、この変化によって心の安定がはかられます。
とはいえ、あなたはあくまでもあなた。そんな決意が固まるときでもあります。
 

いて座(射手座)

 

前:お金に関して思うことが多く、チャレンジと努力を続けてきたいて座さん。ガッツリ稼いで貯め込んだかと思えば、思わぬ出費に泣かされたり……と、波乱万丈だったのではないでしょうか。
 
後:お金については、状況も気持ちも一段落。収入も安定するでしょう。気持ちに余裕ができるので、新しい世界に目が向けられ、好奇心いっぱいでさまざまなことに手を出していくことになるはずです。
 

やぎ座(山羊座)

 

前:「あーしんどい!」と口に出して言いたくなってしまうほど、ここ数年のやぎ座さんは試練の中にありました。
その一つひとつを通じてあらゆる面で学び、自らの価値観を変えてきたのですが、目に見えた結果として表れにくいので、ご褒美感もないままひたすら耐えてきたことと思います。
 
後:ふっとプレッシャーから解放され、ひとまず肩の荷が下りた気分になりそうです。また、これまで努力してきたことが次第に目に見える形で表れてきます。お金とか、地位とか。新たな才能が発掘されるかもしれませんね。
それらをどう生かしていくか。その試行錯誤のときになるでしょう。
 

みずがめ座(水瓶座)

 

前:多分、自分では気づいていないと思うのですが、ここ数年のみずがめ座さんは自分自身の内面や精神世界に目を向けることが多かったのではないかと思います。頭の中であれこれ試行錯誤してきたのです。
平たく言うと、なんとなくスッキリしない気分が続き、「これでよかったのか」とか「生きる意味は」などと、自問自答することが増えていたようです。
 
後:世の中のさらなる変化と同時に、みずがめ座も人生の大きな節目を迎えるようです。人間関係、仕事、家庭など、あなたを取り巻くものの中から然るべきものが激変します。
それによって、あなたが抱き続けてきた理想への道が開けていくでしょう。斬新で革新的なアイデアを次々と形にしていくことができますよ。
 

うお座(魚座)

 

前:ここ数年の世の中の移り変わりや社会全体を包み込む不穏な空気に、なんとなく不安を感じながら過ごしてきたことと思います。
とはいえ、大きな目標を達成することもできたはず。しかし今ひとつ楽天的になれないというのか、気が休まらないことが多かったのではありませんか?
 
後:直感に優れ、先見の明が身についてきます。自分が何を求められているのか、今後社会に受け入れられやすいのは何か、ということがパッとひらめき、素早く行動を起こすことができるでしょう。その結果、難を逃れいち早く幸運を手にすることも多々ありそうです。
 

いかがでしたか?

 

2020年末、みずがめ座で起こるグレートコンジャンクション以降は、時代の移り変わりを嫌というほど感じられるのではないかと思っています。
でも、その場限りで終わるわけじゃないんですね。あくまでも「新時代の幕開け」に過ぎないのです。
 
この新時代、本格スタートは2023年に冥王星がみずがめ座入りしてから、と言われています。
さあ、どんな変化が起こるのでしょうか? 今からドキドキしてしまいます!
 
(ライター/WriterPalm45)
 
■【12星座別】12月のグレートコンジャクションに向けて!これからの過ごし方や、意識しておきたい事
■【12星座別】2020年下半期の星の動きと、各星座の運勢
■【12星座別】年末に向けてラッキーな星座ランキング

2020年】の最新記事
  • 【12星座別】グレートコンジャンクション前、後の変化
  • 【12星座別】年末に向けてラッキーな星座ランキング
  • 【九星別!2020年年末の運勢】クリスマスまでに彼氏が出来やすい九星ランキング
  • 【12星座別】もうすぐクリスマス!彼氏をGETする最適な方法
  • 【12星座別】2020年下半期後半の仕事運
  • 【12星座別】チャンスを見逃さない!2020年下半期に結婚する方法
  • 【12星座別】起死回生!秋以降運気が上がっていく星座ランキング
  • 【12星座別】2020年下半期後半の恋愛運