2019年が終わり、2020年が始まります。

新年は誰もが地に足をつけて、自分自身やものの価値をしっかりと見極める傾向があるでしょう。また、「組織やグループに属する自分」ではなく、「個としての自分」に注目すると、今後の人生が生きやすくなるかもしれません。

 

2020年のひとくち運勢も交えながら、12/281/3の一週間の恋愛運と仕事運を12星座別に見ていきます。

 

 

おひつじ座(牡羊座)3月21日~4月19日生まれ

 

おひつじ座にとっての2020年は、自分がやりたいと思ったことに全力で取り組む年です。

それはたとえば仕事だったり、社会的に認められることだったりと、達成が容易ではないかもしれません。

でも、数年前ならできなかった、あるいは自分が何をやりたいのかもわからなかったとしても、2020年のおひつじ座さんにはできます。2019年の春以降、少しずつ自信を固めてきた人もいるはず。

挑むなら本気で勝負するつもりで。徹底して勝ちを狙っていきましょう。

 

そんな感じなので、年末に仕事がバタバタだったり、年始から重めの業務が入る予定があったりするなら、お正月休みも気が抜けないかもしれません。

大晦日や元旦に出勤する人は、忙しくて恋愛や他のことには気が回らなくなりそう。

 

好きな人がいるなら、おめでとうLINEすら忘れてしまう可能性が。交際中でお正月は離れて過ごす場合、適度なやり取りを続けて心が離れないようにしましょう。

 

フリーの人は、自分の好みのタイプを冷静に見直して。「私はこういう人が好き」と思い込んでいるだけで、実は好みの傾向が変わっているかもしれません。

 

おうし座(牡牛座)4月20日~5月20日生まれ

 

2020年のおうし座は欲しいものに貪欲になったり、普段はそれほどアクティブじゃないのに気まぐれに海外旅行に行ったり、あまり深く考えずに「なんとなく資格を取ってみた」「通信で大学に入ることにした」と言ったりしそう。

また、これは2019年から少しずつ始まっていることなのですが、自分の中で当たり前の思考や価値観が変化していきます。世界は思っていた以上に広いと気づいて、今まで知らずにスルーしてきたものを見たくなるのかもしれません。

 

そんな2020年のお正月。早々に仕事が入っている人は、お休みの人が多い時期に働くからこその意義を見出すはず。

この年は仕事面で自分の武器ともいえる個性・才能を求める時期もあるので、ただこなすだけの働き方には興味がなくなりそうです。

 

年末年始の恋愛は、好きな人がいるならいつも以上に想いが高ぶるでしょう。二人で過ごす場合はラブラブなお正月になりますが、彼と会えないと切ない気持ちがふくらむはず。

3日をすぎれば気持ちが落ち着いてくるので、それまでは愛が暴走しないように気をつけて。

 

フリーの人は、冷静に今後の恋活・婚活のプランを立てましょう。視野を広げて自分を客観視することで、新しい恋のきっかけが見つかりそうです。

 

ふたご座(双子座)5月21日~6月21日生まれ

 

年末年始は家族と過ごしたり、のんびりとお正月気分を味わったりするかもしれませんが、好きな人がいるなら3日ころからソワソワしてしまいそう。

「どうしてるのかな?」「会いたいな」と気持ちが高まってくるでしょう。まだ片思い状態や正式に付き合っていない場合は、適度な距離感を保ちつつ、おめでとうLINEや電話をしてみては?

 

フリーの人は、理想の恋を思い浮かべて楽しい妄想が広がるかも。イメージトレーニングとしては良いのですが、現実逃避がすぎるとかえって消極的になるので気をつけて。

 

2020年のふたご座には、いくつかのテーマがあります。

一つは愛情面。春から夏にかけては華やかに愛が盛り上がる時期になるでしょう。ドラマチックな出会いがあったり、恋人と情熱的なやり取りを交わしたりするかもしれません。

もう一つは、周囲から与えられるものを吟味しながら、自分に必要なものだけを選択すること。上辺だけの価値ではなく、もっと掘り下げて真価を見定めることを促されるようです。

そして、自分の個性や専門性を見つめ直し、具体的な活動・仕事に落とし込む場面もあるでしょう。

 

お正月から出勤する人は元旦と2日がテンパり気味に。空回りしないように注意して。

目の前の仕事をこなすだけでなく、今年の抱負をしっかりと持つように。自分の長所と能力を伸ばすことを重視しましょう。

 

かに座(蟹座)6月22日~7月22日生まれ

 

年末年始は好きな人と会えなくても、あるいは恋活や婚活がほとんどできなくても、恋の情熱がくすぶり続けそうです。

ただ、時期が時期なので思うように動けない人が多いはず。好きな人にはたくさんLINEしたいでしょうが、一方的な「私通信」になればマイナスイメージを与えてしまうでしょう。気をつけて。

 

フリーの人はマッチングアプリが良いかも。親や親戚が勧めるお見合いもいいけれど、応じるなら相手のことを詳しく教えてもらい、いざとなればお断りできる雰囲気なのかどうかを確かめて。

 

2019年末から何かと恋で空回りしがちだった場合、3日すぎに焦りが消えて余裕が出てくるでしょう。

自分らしいテンポを取り戻せるはずです。

 

かに座さんは2020年、自分にとって大切な人を見つけることになります。

恋人や結婚相手、仕事のキーパーソンとなる人と絆を結んでいく中で、未来が見えてきたり、自分とその人を軸にした新しい人間関係ができ上がったりするようです。

人とのつながりなくしては人生を語れないと痛感するかもしれません。

 

お正月中に仕事をする人は3日から忙しくなりそう。あるいは、エンジンがかかるのが3日くらいになるのかも。

いつもはあまり顔を合わせないメンツで一緒に動く場合は、コミュニケーションを大切にしましょう。

 

 

しし座(獅子座)7月23日~8月22日生まれ

 

しし座さんは2020年、当たり前だと思っていたことにメスを入れていくことになるでしょう。

生活習慣、美容や健康、働くということ……疑うこともしなかった部分に「今のままでいいの?」と問いかけて改善していきます。

2019年が何か一つに偏りがちだった人は特に、自分に必要な要素すべてのバランスを見ながら、生きることそのものを整えていきそうです。

また、そうしたチェックと改善は、のちに仕事にも大きな影響をもたらすでしょう。

 

そんな2020年の恋始めは3日。

お正月の間は好きな人に会えないとしても、LINEや電話で交わす内容に熱がこもってくるはず。

交際中の人は、ちょっとした甘い言葉がお互いの心に火をつけるはず。恥ずかしいと遠慮しないで、自分の想いを素直に伝えましょう。

 

フリーの人は、周囲から「恋人はいないの?」「結婚はまだ?」と言われて焦りを覚えるかもしれません。

でも、慌ててもお正月中は手も足もでないはず。まずはどんな恋がしたいのか、理想の相手の条件は何かを落ち着いて考えましょう。

 

年末年始に仕事が入っているなら、視野を広く持って頭を使うことを意識すると良さそう。

今だけを見て判断するのではなく、先を考えて長期にわたりプラスになる判断・行動を心がけましょう。

 

おとめ座(乙女座)8月23日~9月22日生まれ

 

2020年はおとめ座にとって「愛」の年です。

それは恋愛や結婚を象徴するのはもちろん、趣味や好きな分野への情熱だとか、創作活動の可能性もあります。純粋に「好き」と思える人やものに真摯(しんし)に向き合い、そこで新しい自分を発見する人も多いでしょう。

 

ただ、2020年は実る愛だけでなく、意味ある終焉を迎える愛もあるかもしれません。

その場合、たとえ未練があっても終わるしかないシナリオが整っているはず。悲しみに浸るのはやめて、終わるからこそ見えてくる意味・価値に気づくことが大事です。新しい一歩を踏み出しやすくなるでしょう。

 

そんな2020年の年末年始は、先の見通しが明るい恋が見つかりそうです。

片思いをする人は積極的にアプローチするだけの自信がつくかもしれませんし、交際中の人は恋人との結婚を思い浮かべるかもしれません。

フリーの人は、マッチングアプリでスムーズにお付き合いする様子を思い浮かべられる人に注目を。

 

お正月も仕事をする予定の人は、思っていた以上に楽しく働けるはず。

笑顔を欠かさずテキパキ動くよう心がけると、周りにも良いムードが広がるでしょう。

 

てんびん座(天秤座)9月23日~10月23日生まれ

 

年末ギリギリまで恋が気になりそうです。

お正月には好きな人と会えなくなる場合、離れがたく感じるのでしょう。

片思いをする人は、年末年始休暇に入ってから、頭の中が好きな人のことでいっぱいになってしまうのかも。

 

ただ、年末に別れ話が出たとか、まだ正式に付き合えていない場合、強引な態度を取らない方がいいでしょう。「年内にどうにかしたい」と焦っても、すがれば逆効果になるはず。

 

年初に恋が動き出すとしたら、3日の午後から。それまでは無茶をしないで慎重に。

 

てんびん座さんにとって2020年は、自分の居場所を固める年です。

居心地の良い街を見つけて引っ越す人もいれば、結婚して身を固めたいと考える人もいるでしょう。あるいは、心の軸となるものをしっかり固めて、恋にも仕事にもブレないメンタルが整うのかもしれません。

 

いずれにしてもどっしりと根を張るイメージがあり、今後の人生の重要な方向性を決める人が少なくないでしょう。

 

そんな2020年のお正月から仕事が入っている人は、周りとの密な連携がカギとなりそう。

独りよがりにならず、チームワークを心がければ良いスタートが切れるはずです。

 

さそり座(蠍座)10月24日~11月21日生まれ

 

年末ギリギリで恋人を作ったとか、最終営業日で大きな案件をまとめたなど、年末が忙しかった人はお正月もその余韻が残っていそう。

好きな人がいれば、実家に帰っていてもLINEしたいし、「会いたい」と言いたくなるはず。仕事が気になる人は、家でゴロゴロしながらも頭の中はアレコレ考え続けるかもしれません。

 

ただ、それも3日ころには落ち着いてくるでしょう。お正月らしいのんびり感に浸れるようです。

 

2020年はさそり座さんにとって、自分だけのテリトリーで動くのではなく、外へ出て周りの人と接しながら動く年になります。

コミュニケーションや人間関係がカギになるので、人見知りをしがちな人は緊張する場面が多いかもしれません。それでも、自分の殻に閉じこもらず、意見交換や議論には積極的になった方がいいでしょう。

目からウロコの発見や新しい学びがあるはずです。

 

そんな2020年の始まりは、好きな人と交わす「おめでとう」という言葉に興奮するかも。

お正月は会えなくてもLINEをマメに送って、心だけはつながっているようにしましょう。

ただし、まだ片思いであればLINEの連投はNG。メッセージを送るならほどよい間隔で、うるさく思われないように。

 

お正月も仕事が入っている人は、三が日をすぎるとパワーダウンするかもしれないので気をつけて。疲れが溜まらないよう、食事と睡眠はしっかりとるようにしましょう。

 

 

いて座(射手座)11月22日~12月21日生まれ

 

2019年が怒涛の一年だった人や、年末に差しかかってからバタバタしていた人は、年末年始で心と体をゆっくり休めて。

忙しさから判断基準がぼやけてしまったり、情報の正誤があやふやに思えたりしても、29日の午後にはスッキリしそうです。

 

いて座さんにとっての2020年は、2019年を踏まえて動くところに意味があります。

もともとの行動パターンとは違う動きをすることもあるでしょう。たとえば、勢いで突き進みたいところを、「ちょっと待て」といったん立ち止まって考えてみるとか。

お金に関しては特に、無頓着ではいられない場面が多くなりそうです。

 

そんな新年の恋始めは3日ころ。「のんびりしていられない」と思えてくるかも。

ただ、慌てても損得勘定が働きすぎて強引な態度を取る可能性が。デートやカップリングパーティーの予定を入れるなら慎重になりましょう。

 

年末年始に仕事が入っている人は、思いのほか順調な滑り出しになりそう。

頭が冴えて通常より高い売り上げを達成する……といった展開があるかも。いつもの定番をあえて壊すとか、手法を変えるなどするとうまくいくでしょう。

 

やぎ座(山羊座))12月22日~1月19日生まれ

 

お誕生日を迎えるやぎ座さん、おめでどうございます!

年末年始は頭が冴えてキビキビ動けたり、気の利いたことを言ったりして好感度がアップしそう。

お正月を実家で過ごす場合、何かと話題の中心になるかもしれません。

 

2020年はやぎ座さんにとって飛躍の年。

この一年で人生の土台を固めれば、愛情面も仕事面もさらに充実していけるでしょう。

また、今まで必要だと思い込んでいたこだわり、マイルールを手放す時期にもなります。自分で自分を縛り付けないよう、もっと自由に生きることを考えてみてください。

 

年末年始はお休みの人が多く、恋に動きは少ないでしょうが、好きな人とはLINEや電話で連絡を取り合って。

フリーの人は、年明けにどこでどんな風に出会い探しをするか計画を立てておきましょう。

 

交際中の人は、この一年で結婚を視野に入れるかもしれません。本当に今の恋人でいいのか、どういう段取りで話を進めていくのか、少しずつ考えることになる可能性が。

 

年末年始に仕事が入っている人は、効率良く動くことを重視して。

三が日は同僚や取引先とできるだけ揉めないように。トラブルが起きると大ごとになりやすいので要注意。

 

みずがめ座(水瓶座)1月20日~2月18日生まれ

 

みずがめ座さんにとって2020年は、今まで知らなかった幸せを知り、見て見ぬふりをしてきた世界に足を踏み入れる年です。

不安があるかもしれませんが、期待をふくらませて前向きに進んだ方が楽しいでしょう。

 

この一年は遊び心を大切にして、自分の中にタブーを作らないことが大事。

苦手意識を克服する場面や、秘密が秘密ではなくなるシーンもあるはずです。

 

恋愛運は、お正月休みがもったいないくらいに好調。

同窓会に参加したら異性たちに注目されたり、初詣でナンパされたりしそうです。

あるいは、家族や親戚から「いい人がいるから紹介したい」と言われる可能性も。

 

ただ、今は杞憂しがちなところがあり、普段はうれしく思える状況にも戸惑うかもしれません。チャンスは素直に受け取るといいでしょう。

自分の魅力を信じて。

 

年末年始に仕事が入っている場合、3日まではバリバリ働くことになりそうです。

強気な態度が功を奏する場合もありますが、時期が時期だけに現場がピリピリしている場合は強引になりすぎないよう気をつけて。

 

うお座(魚座)2月19日~3月20日生まれ

 

大晦日から三が日は、華やかに過ごすと良いお正月になるでしょう。

おいしいものを食べて、家族や気心の知れた仲間と楽しい時間を過ごしてください。

 

2020年は、いろんな意味で「人」がテーマになる年です。

自分と同じ信念を持つ仲間を見つけたり、今までにないほど居心地の良い人間関係が整ったりと、身近な人に安心を覚えて深く関わっていく場面が増えるでしょう。

 

この週、すでにうお座さんの周りには人が集うはず。

それはリアルな宴会や新年会だとか、SNSでの関わり合いなど。いろんな形で気持ちや意見の交換がありそうです。

 

ただ、恋愛に関してはお正月休みに入るのもあって停滞の傾向が。

好きな人にLINEを送るなら、切実な「会いたい」を連投するより、「お正月楽しい。あなたも楽しんでる?」くらいのフランクさが好感を与えるでしょう。

 

年末年始も仕事が入っている人は、3日以降にバタバタし始めるかもしれません。

周囲とのチームワークを大切にすれば、忙しくても乗り切れるはず。がんばって!

 

(沙木貴咲/占い師)
(itabamoe/イラストレーター)

 

今のあなたの運勢は?

 

■【月星座別】太陽星座と併せてより詳細に! 2020年の総合運
■【月星座別】太陽星座と併せてより詳細に! 2020年の恋愛運
■2020年上半期の運勢特集
■【2020年上半期の総合運】激動?平穏?あなたの運勢をズバリ的中!

 

 

  • 【今週の運勢】2/24(月)~3/1(日) 魚座の新月を味方に。ステラ薫子の12星座・タロット占い
  • 【12星座別 2/23~2/29の運勢】24日の新月で整理するべきものを見極めて
  • 【今週のみずがめ座の運勢】2/17(月)~2/23(日) ステラ薫子の12星座・タロット占い
  • 【今週のうお座の運勢】2/17(月)~2/23(日) ステラ薫子の12星座・タロット占い
  • 【今週の運勢】2/17(月)~2/23(日) 水星が逆行開始。 ステラ薫子の12星座・タロット占い
  • 【12星座別 2/16~2/22の運勢】水星が逆行スタート…でも心配無用!
  • 【今週のうお座の運勢】2/10(月)~2/16(日) ステラ薫子の12星座・タロット占い
  • 【今週の運勢】2/10(月)~2/16(日) バレンタインの星まわり。ステラ薫子の12星座・タロット占い