今週は月のほかに動く星がない週です。でも、次のステージを見据えて準備をする大事な時期になります。12月は15日から22日までが時代をも変える怒涛の星めぐりになるので、2020年の総括は早めにしておくと良いでしょう。
クリスマスを前に恋の状況を変えたり、仕事を思いどおりに動かしたりすることができるかもしれません。
 
そんな12/6~12/12の運勢を12星座別に詳しく見ていきます。
 

 

おひつじ座(牡羊座)3月21日~4月19日生まれ

 

牡羊座
 

6日はチャンスデー。恋愛はもちろん、年内にやっておきたいことがあるならスムーズに進められるはずです。
「私はこうしたい」「こう思っている」とハッキリ自己主張した方がいいですし、曖昧になっていることはキッチリ真実を見極めるべきでしょう。
 
恋愛運は6日と、週が明けて半ばに追い風が吹きます。
好きな人がいる人は早めの種まきをしておくことが大切。フリーの人も、日曜のうちにマッチングアプリや婚活サイトで好みのタイプを検索しておくと良さそうです。
 
ただし、デートやクリスマスの約束を取り付けるなら、相手の予定と気持ちを汲んであげて。自分の希望を述べるだけでなく、「私は会いたいんだけどアナタはどう?」と一方的にならないようにしましょう。
恋人募集中の人は年上の紹介やお見合いなど、ちょっと堅めなきっかけが恋につながるかもしれません。
 
仕事運は気合を入れたい時期です。
来週いっぱいは集中して貪欲に結果を求めて。「もういいや。来年に持ち越そう」とは考えないように。着地点がわからない案件があっても、成功させたいならとことん粘るといいでしょう。
専門知識を持つ人の意見や女性のアドバイスがためになりそうです。
 

おうし座(牡牛座)4月20日~5月20日生まれ

 

牡牛座
 

公私ともに大切な人との関係を深めたい一週間です。
交際中の人は結婚を視野に入れて今後を考えるといいですし、恋人募集中の人は恋活ではなく、婚活をした方が良い人が見つかるかもしれません。本気で結婚を考えていなくても、「長く一緒にいられる人」を条件に相手探しをすると良さそうです。
 
また、今は人間関係が基本的にスムーズな時期なので、「こんな人と仲良くなりたかった」と思える人物と出会う可能性も。
仕事の良き協力者を見つけたり、恋人候補にがあらわれたりするはずです。
 
8日は気になる異性や恋人との関係が深まりやすい一方、変な横やりが入るかもしれません。ためになるアドバイスを聞いたと思ったのに実は全然違っていた……という見込み違いがありそうです。腑に落ちない言葉はスルーして大丈夫。
自分が何を求めているかを大切にしてください。
 
仕事運は目の前の作業だけでなく、少し先の展開も見ながら行動すると良さそうです。
12月は営業日数が少ないのもあり、スケジュールは前倒し気味に組むのが安心でしょう。
 
先の見通しが立たない仕事については、「誰かがどうにかしてくれるだろう」「見て見ぬふり」ではなく、できるだけ結論を出してキチンと片付けていくことが大事。
上司や同僚に相談して、年内における着地点をハッキリさせるといいかもしれません。
 

ふたご座(双子座)5月21日~6月21日生まれ

 

双子座
 

大切な人との関係をグングン深めたいなら6日がチャンス。
自分からLINEするとか、会えるなら顔を合わせて話すといいでしょう。うまく接点が持てたらトントン拍子に親密なムードができ上がるはずです。
 
ただ、自分にとって大切な人が誰かを見誤らないように。キープされているだけなのに「私には彼しかいない」と思い込んだり、それほど親しくないのに副業や投資を勧める人を安易に信用したりするのはキケンです。
 
恋愛運は集中することがカギになる一週間。
好きな人がいるのに他の人に目移りするとか、「ほかにもっと素敵な人がいるかもしれない」と手に入るはずの幸せを手放すかもしれません。
交際中であれば恋人に浮気を疑われる行動は取らないこと。クリスマスを直前に控えて破局……は避けたいところです。
 
フリーの人も理想のタイプをしっかり固めてブレがないように。年収や容姿など、目につきやすいところだけで判断しない方がいいでしょう。
 
仕事運は純粋に「楽しい」と思える場面がありそうです。
たとえばふたたび自粛ムードが高まることで完全テレワークとなり、自分の業務に集中できるのかもしれません。あるいは得意な分野を任されて仕事が面白く感じる可能性も。
気分が乗る時はガツンと結果を出すつもりでしっかり取り組むといいですし、それを誰かがちゃんと見てくれているようです。
 

かに座(蟹座)6月22日~7月22日生まれ

 

蟹座
 

日曜日に仕事をする人は6日がチャンスデー。売り上げや数字にシビアになると結果が出やすくなります。
師走ですし、ドカンと儲けたいと思うなら自分から勝ちに行くスタンスが必要です。成り行き任せにしないでどんどんアクションを起こしましょう。
 
年内にとどまらず、年明けまで仕事運は好調。年末年始をまたいでの企画やサービスを考案するとうまくいくかもしれません。
バリバリ頑張れる時期に入っているので積極的に。
 
一方で恋愛運も良い感じ。最近は恋も仕事も大忙し……になっている人が少なくないはずです。
どちらかひとつに集中しても良いですが、高いテンションを維持して“幸せ全部取り”を狙うのも良さそう。どれだけパワフルに動けるかがカギになります。
 
好きな人とはしっかりと絆を作って。交際中の人はもちろん、片思い中であっても今より一歩踏み込んだ関係が作れるよう頑張ってください。
アプローチや告白をするなら、クリスマスではなく16日~19日あたりを。チャンスを待つより、自分できっかけを作った方が願いが叶いやすくなります。

しし座(獅子座)7月23日~8月22日生まれ

 

獅子座
 

6日は恋のチャンスデー。欲張らなければうれしい展開がありそうです。
ただ、師走の休日なので家族に急な頼みごとをされたり、実家に呼び出されたりする可能性も。「それはそれで大事なんだけど……」と思いつつ、クリスマスが間近に迫っているだけに恋を後回しにもできないと困るはず。
自分の中の優先順位はハッキリ決めておくといいでしょう。
 
また、今週は恋愛運に追い風が吹くものの、心がフワフワして決められなくなるかもしれません。
フリーの人は、恋人候補をたくさんキープしすぎると持て余すので気を付けて。好きな人がいる人は、心移りやうわさ話に翻弄されないように。
 
今は波に乗れたらトントン拍子に恋が進展する時期です。
迷ってもできるだけ立ち止まらずに、自分は誰を好きなのか、好きな人の魅力は何なのか、どういう関係が理想なのかを正しく見極めましょう。
 
仕事運は、自分なりの働き方改革が大詰めを迎えます。
今年テレワークや転職、独立などを経験した人はマイワークスタイルを確立させましょう。16日ころまでに定着したルーチンは2021年も継続できるはずです。
 
また、夜型生活を朝型に変えるとか、ついダラダラしてしまう悪習慣を断ち切るにも良いタイミングです。
 

おとめ座(乙女座)8月23日~9月22日生まれ

 

乙女座
 

好きな人や好きなものをとことん追求したい週です。「もう思い残すことはない」と言えるほど突き詰めていきましょう。
8日は特に、いろんな角度から「好き」を表現することで実を結ぶはずです。
 
恋愛は運気の後押しが期待できるので、奥手にならずに前に出て。
クリスマスが気になるかもしれませんがゴールとして定めるなら16~19日。一足先に決着をつけた方がうまくいくでしょう。
 
好きな人とは仕事をネタに語り合うより、気楽な趣味の話や近況報告をし合った方が仲良くなれそうです。マッチングアプリや結婚相談所では、真面目さより愛嬌を見せると好感を持たれるはず。
意識やファッションを恋モードに切り替えて、いつもに増して甘さを加えるといいでしょう。
 
仕事については、トラブルの種になりそうなものは早めに解決を。見て見ぬふりをすると、全力投球しなければならない場面で足を引っ張られるかもしれません。
例年なら大晦日でひと区切り……と考えるでしょうが、2021年の仕事の流れはこの年末から切り替わります。2020年のうちに片付けておくべきことは早々に終わらせるようにしましょう。
 

てんびん座(天秤座)9月23日~10月23日生まれ

 

天秤座
 

吉凶混合の一週間ですが、6日は人間関係にうれしいことがありそう。
好きな人がいるなら関係を深めるのに良い日ですし、日曜も仕事をしている人は良き協力者に恵まれるはずです。
 
ただし、話すときに曖昧な表現を避けて、根拠のないうわさ話には耳を貸さないように。
本当に話したいこと、伝えたいことに集中して、「アレもコレも……」と欲張らないようにしましょう。
 
恋愛運は好調。お互いをよく知り、理解を深めていけば自然と関係が親密になるはず。
一方で、ひとしきり語り合ったあとで「なんだか違う」と感じるなら、愛すべき人は別にいるのかもしれません。クリスマスが近いからといって心のざわめきを無視しないように。
 
結婚を考える人や既婚の人は、「よし、この方向で家庭生活を築くぞ」という決意を固めて。プロポーズをするには良いタイミングになるでしょう。
 
10日は何かと窮屈感を覚えるかもしれませんが、第三者目線を意識したり、ガツンとアクションを起こしたりすることで行き詰まりを打破できるはず。
数カ月前にも似たようなことがあって、「ああ、これね。前もあった」と今度は慣れた感覚で対応できる人もいるでしょう。
 
仕事運は年末に向けて遅延や漏れがないように。
オンスケジュールで進めているから安心しないで、少し前倒し気味で進めることが大切です。つねに余裕のある状態を作ると何かあったときに動きやすいでしょう。
 

さそり座(蠍座)10月24日~11月21日生まれ

 

蠍座
 

「私はこういうキャラだから」「周りは私のことをこう見ているはず」という思い込みは手放しましょう。恋人募集中の人は特に自分を決めつけないように。
誰かに「アナタのこういうところが素敵」と言われたとき、そんなことはないと否定すれば損をするかもしれません。自分が把握する長所だけが魅力ではないと思って。
 
愛され運は高まっているので、小さなチャンスも摘み取ってモノにしましょう。
告白されるまで待つとか、誘ってくれたらいいのに……と期待するより自分がリードした方が気分良く恋を進められるはずです。
 
交際中の人や既婚の人は、愛するお相手に伝えるべきことがあるのでは?
クリスマスまで待つ必要はないので今週中に伝えておいてください。タイミングが合わなければ16日までに。
 
仕事運はノリ良く作業できる週です。
ただ、自分が正しいと思っている方向性が本当に正しいのかはよく確認しましょう。周囲との『ほう・れん・そう』を大切にして、たどり着くゴールを間違えないように。
 
お金や数字を扱う仕事に就く人は、しばらくダブルチェックをするなど慎重になった方が良さそうです。

いて座(射手座)11月22日~12月21日生まれ

 

射手座
 

6日は、いろんな意味で「愛」を受け取る日になりそうです。
自分の判断やちょっとした行動が運命の歯車を動かすきっかけになるでしょう。好きな人がいるならスムーズな意思疎通がかなうチャンスデーです。
フリーの人は、出会いの間口を広げることで素敵な人と出会えるかも。損得勘定や条件の良し悪しより人間性を重視して。
 
ただし、そもそもの自分の判断と行動が誤っていたら、「こんなはずじゃなかったのに」とがっかりすることに……。
今週はいつも以上に慎重に。根拠のないうわさ話やSNSで流れてくる情報には気を付けて。シビアな見極めができればしっかりとチャンスをつかめるはずです。
 
仕事については、自分に必要な知識と情報を把握しましょう。安定した環境で不安なく働いていても、2021年はプラスアルファで学びを取り入れると良い年です。
さらなるステップアップを目指したい人は年内に勉強の準備を始めるといいかも。
 
副業や独立を考えている人は、自分の仕事をどうやって発信・宣伝すればいいのかを考えて。
SNSだけでなく、動画や音声配信も含めて自分に合ったアピール方法を見つけましょう。
 

やぎ座(山羊座))12月22日~1月19日生まれ

 

山羊座
 

仕事も恋愛も人間関係も総括する時期です。大晦日はまだ先ですが、今週をふくめた10日ほどで2020年を仕上げていきましょう。
 
うまくいったことについては、「私はすごい。良くやった!」と盛大に褒めて。本当にお疲れさまでした。
もしうまくいかなかったことがあっても、それは失敗ではありません。「こうすればつまずくのね」「これは私に向いていない」と把握できたことを成果と考えましょう。次は別の方法を試せばいいし、向いていないことはやらなければいいのです。
 
そんな風に自分を振り返ると、いつの間にかずいぶんと遠くまで歩いてきたと気づくはず。やり残しがないように、できるだけの種まきをして新しい年に備えることが大切です。
 
恋愛は今までとは違う視点を持つことがカギに。自分の中で当たり前になっている恋のルールをいったん崩した方がいいかもしれません。
しばらく恋がご無沙汰になっている人は、最後に恋人がいたときから時間が止まっている可能性が。今の自分の年齢に不似合いなアプローチをする可能性があるので意識チェンジを。
 
仕事については、今後の自分の方向性を定めていく時期です。
まだバタバタと落ち着かない部分はあるかもしれませんが、「私はこの道を進む」「これをやっていく」という決意を固めるには良いタイミングになります。
気持ちが定まらず揺れている人は、この一年で手に入れたもの、積み重ねてきたものを振り返ってみてください。難しく考える必要はないので、ゆるっと思い返すとヒントが見つかるでしょう。
 

みずがめ座(水瓶座)1月20日~2月18日生まれ

 

水瓶座
 

6日は思わぬところで仲間を見つけたり、好きな人と気持ちが通じ合ったりするかもしれません。
頭の中ではあれこれ考えていても、言葉を交わせば「ああ、そういうことか」と納得できるでしょう。気になる人には自分から声をかけてみてください。パズルのピースがピタリとはまる感覚があるはずです。
 
恋愛は自分らしく。巷で流行るモテテクに頼っても疲れるだけなので、堂々と個性を示して。
また、クリスマスが近いからと焦るかもしれませんが、妥協してまで恋人を作る必要はありません。恋人がいても例年通りのスペシャルデートはなかなか叶わないでしょう。
今年はパーティーも密なデートも困難な状態になっているので、無理に“いつも通り”を望むより、地に足をつけてしっかり恋人探しをした方が賢明です。
 
仕事運は好調。恵まれた環境が整って、やってみたいと思う案件を担当できるかもしれません。
また、直感で良いと感じたことが周囲にも共感されて全体ルールになるとか、正式な企画として走り出す可能性も。チャンスはどこにあるかわからないので、「良いこと思いついた」とひらめいたら積極的に発言しましょう。
 
年内のスケジュールは巻き気味で進めると良さそうです。トラブルになりそうなことは放置しないで、今週中に片付けておくと後悔せずに済むはず。
 

うお座(魚座)2月19日~3月20日生まれ

 

魚座
 

6日は思わぬところにビジネスチャンスが転がっているかも。お休みだとしても、あちこちに目を光らせておいて。
 
仕事運は12月下旬まで好調が続きます。
やりたいことがあるならしっかり自己主張するといいですし、ガツガツするくらいがちょうど良いでしょう。貪欲になるほど追い風が吹いて金銭的にも良い影響がありそうです。
 
ただ、いくつもの依頼が舞い込んで回しきれなくなるなら、何を選ぶのかをよく吟味して。正しい情報をつかむことと、欲張りすぎないことが大切です。
 
恋愛は7日と8日に注目。ドキドキ感や打ち上げ花火のようなラッキーではなく、地に足のついた信頼を求めるといいでしょう。
好きな人とは落ち着いたムードで話したり、淡々とLINEのラリーを続けたりすることで先の見通しが見えてくるはずです。
 
婚活をする人は、今までの恋愛とは違うスタンスを心がけて。淡い恋のときめきより、安心感を覚える人に目を向けると良さそうです。
 
恋愛以外で会いたい人や話したい人がいるなら、今週中に声をかけるといいかも。直接の対面が叶わずオンラインでの会話になるとしても、大切に思う人には挨拶しておくといいでしょう。縁が切れずに2021年も続いていくはずです。
 
(沙木貴咲/占い師)
(itabamoe/イラストレーター)
 
■【12星座別】2020年12月の恋愛運
■【12星座別】2020年12月の総合運
■来週の運勢|12/7(月)~13(日)12星座で占う恋愛運 – 確かな自分を思い出す週

  • 【12星座別 1/24~1/30の運勢】獅子座満月が起こすビッグバン
  • 【12星座別 1/17~1/23の運勢】ジレンマを上手に活用する
  • 【12星座別 1/10~1/16の運勢】山羊座新月でケジメをつける
  • 【12星座別 1/3~1/9の運勢】いよいよ2021年が動き出す
  • 【12星座別】12/28(月)~1/3(日)の運勢 ステラ薫子のタロット占い - 締めくくりと新たな始まり
  • 【今週の運勢】12/28(月)~1/3(日)の運勢 ステラ薫子の12星座占い - 蟹座満月、そして新年
  • 【12星座別 12/27~1/2の運勢】2021年のあなたのテーマ
  • 【12星座別】12/21(月)~12/27(日)の運勢 ステラ薫子のタロット占い - クリスマスと時代の転機