お気に入り

 

 

占い好きさんなら「2020年は運気に大変化」「トリプルグレートコンジャンクション」という言葉を昨年あたりからよく目にしていたかもしれませんね。

 

字面を見ただけでも何だかものすごい事が起こりそうな感じがしますが、それって結局何なのでしょうか?

 

「トリプルグレートコンジャンクション」とは

 

まずはこの言葉についてざっくりご説明しますので、おさらいを。

 

西洋占星術では、ホロスコープ上で星が重なることを「コンジャンクション」と呼び、それぞれの星が持つ力がミックスされてパワーアップする、という運気を表しています。もっとも身近なコンジャンクションと言えば、太陽と月。いわゆる新月です。

 

星はそれぞれにホロスコープ上を移動する速さが違う(周期と言います)のですが、特に周期の長い木星(約1年)と土星(約3年)が重なり合うのはおよそ20年に1回。この希少なコンジャンクションを「グレートコンジャンクション」と呼ぶのです。

 

グレートコンジャンクションの時は、運気に非常に大きなエネルギーがはたらき、時代の変わり目となるとされています。

 

前回のグレートコンジャンクションは20005月、ITバブルの頃。この頃にはまだ幼児だった人も多いでしょうが、既に社会人だった筆者……言われてみれば確かにこの辺りから世の中が変化し、自分自身も大きな転機を迎えていた実感があります。

 

さて、2020年はこの「グレートコンジャンクション」が1222日に水瓶座のサインで起こります。

そして、今回のこの出来事はさらにスペシャルなのです。木星と土星だけでなく、冥王星(250年周期)までもが重なるという、340年に一度の大イベント。

 

3つの星が重なることから「トリプルグレートコンジャンクション(TGC)」と呼ばれているんですね。

 

さらにさらに! グレートコンジャンクションは240年の間、同じエレメント(火・土・風・水)のサインで起こるのですが、ここまでは土のサイン(おうし座・おとめ座・やぎ座)で起こっていました。

 

が! 2020年は風のサインであるみずがめ座で起こります。グレートコンジャンクションの起こるサインが変わることを「ミューテーション」と呼びます。

 

何だかややこしい事になってきましたが、ただでさえ変革をもたらすグレートコンジャンクションにミューテーションのパワーが重なって、その変革の対象を変える、とでも言いましょうか……よって、社会全体が世界規模で大きく変革していくとみられています。

 

みずがめ座は「自由と個性」を表すサイン、木星は「拡大と幸運」、土星は「試練や固定化」、そして冥王星は「破壊と創造」を司る星ですから、社会全体でこれまで良しとされていた価値観が大きく変わっていくことは想像に難くありません。

 

近年「AIの台頭」「サステイナブル」「キャッシュレス」などなど、エポックメイキングなキーワードが次々と浮上しているのはそのためとも考えられますね。

 

また、ネット上のモラルなどが見直されていることや、ダイバシティがだいぶ浸透してきた世論もみずがめ座らしい変化の予兆と言えるでしょう。今後はこの流れがより加速していきそうです。

 

個人レベルでの転機を迎える人も多くいると思います。それまで外に向けられていた目が、今度は自分自身の内面に向けられる傾向が強くなりそうです。

 

理想の生き方にスポットが当たり、転職、結婚や離婚、引っ越しなど、自らの手でライフスタイルを変化させていく人も多いのではないでしょうか。

 

精神面での充実を求めるようになるのですが、そのために闘争するという色合いはなく、お金など現実的な面ともうまく折り合いをつけてより生きやすくなる、といった明るくさわやかなイメージです。

 

12星座別・グレートコンジャンクションを迎えるためのアドバイス

 

とまあ、長々とご説明してきましたが、ともかく「何百年に一度レベルの超すごい出来事で、自分の身にも何かしら変化が起こる」くらいで心の片隅に置いていただければと思います。

 

さて、お待たせしました! この超すごい出来事をうまく乗りこなし、新時代へと踏み出すためにこの2020年をどう過ごすか。そのアドバイスを一言ずつ、12星座別にお伝えしていきます。

 

おひつじ座

 

「友情、コミュニティ、未来」に注目。将来の目標、時間やお金の使い方などの価値観に変化が起こり、それに伴って人間関係も変わりそう。目標は現実的な達成を目指して頑張って。

 

おうし座

 

仕事を頑張ることで、地位や収入だけではなく精神的な喜びや成長が得られそうです。これまで積み重ねてきた知識や経験を生かすと◎。

 

ふたご座

 

何かを学びたいと感じたらすぐに行動に移して。その時興味ある事を深めていくことで、その後の人生が大きく広がっていきます。海外への関心を深めたり実際に足を運んだりも吉。

 

かに座

 

身近な人々との絆を深めるのも大いにアリですが、外にも目を向けて行きましょう。人生のキーパーソンとなる人物との出会いがありそうです。

 

しし座

 

働き方や生活習慣を見直して、健康の向上と維持を目指すと精神面でも安定します。夏から秋にかけて、仕事でも恋愛でもパートナーとの関係に変化が起こりそうです。それを素直に受け入れれば◎。

 

おとめ座

 

迷いが生じたら「一時的なもの」と割り切って静観を。重要な決断を迫られても焦らない事。長い目で見ることが先々の幸せにつながります。

 

てんびん座

 

心の居場所と足場を固める時期。家庭や職場など、自分が普段身を置く環境を居心地よく整えて。物事がうまくいかないと感じたら、自己表現のやり方を変えてみましょう。

 

さそり座

 

これまで積み重ねてきた知識や技術をブラッシュアップし、才能に磨きをかける努力が大事です。想定外の周囲の動きや環境の変化に振り回されるかもしれませんが、あまりシリアスになり過ぎず状況を楽しむ余裕を持って。

 

いて座

 

自分の好きなことを収入につなげていく努力がテーマ。趣味を副業にするなど、少しずつ具体的な行動に移してみて。物事への向き合い方そのものを見直さなければならない事もありそうですが、素直に受け入れて。

 

やぎ座

 

今後の半生の軸を作る時期。これまでの生き方をリセットし、新境地へ旅立つことになりそうです。現実的な視点を保ちつつも、理想の生き方を追求していきましょう。

 

みずがめ座

 

自分と向き合うことがテーマ。本当は何をしたいのかをはっきりさせることに時間と労力を費やせるとベスト。ただし、行動に移すのは慎重に、小さなことからコツコツと。

 

うお座

 

人間関係も含めて、本当に必要なものだけを精査して身の回りに置いておきましょう。不必要なものは潔く切り捨てる勇気を。ストレスがたまったら、ソロ活動が◎。パワースポットへの小旅行などしてみては。

 

いかがでしたか?

 

2020年末に起こるグレートコンジャンクションは「自分らしさの追求」と「そのための生き方の変革」がテーマです。今年は社会も個人も、より生きやすい方向に向けて動き出す機会がたくさん与えられそうですから、希望を持って変化を受け入れていきたいですね。

 

ライター/WriterPalm45

 

■タロット|2020年にあなたを待ち受ける運命
■【12星座別】2020年上半期の結婚運
■【月星座別】太陽星座と併せてより詳細に! 2020年の総合運

 

お気に入り
2020年】の最新記事
  • 【12星座別】年末に向けてラッキーな星座ランキング
  • 【九星別!2020年年末の運勢】クリスマスまでに彼氏が出来やすい九星ランキング
  • 【12星座別】もうすぐクリスマス!彼氏をGETする最適な方法
  • 【12星座別】2020年下半期後半の仕事運
  • 【12星座別】チャンスを見逃さない!2020年下半期に結婚する方法
  • 【12星座別】起死回生!秋以降運気が上がっていく星座ランキング
  • 【12星座別】2020年下半期後半の恋愛運
  • 【12星座別】2020年下半期後半の総合運